人には聞けない!香典返しの贈り方や知っておきたいマナーやルールを紹介

当サイトはもはや人には聞けない、香典返しの贈り方や知っておきたいマナーやルールを紹介しています。
また、香典のお返しで贈るのを避けたいタブーな品物とはどういったものかや、香典のお返しにつける掛け紙のルールにも触れているのでぜひ参考にしてみてください。

人には聞けない!香典返しの贈り方や知っておきたいマナーやルールを紹介

香典返しをしたことがないので不明なことが多いという人は多いのではないでしょうか。
香典返しは仏式の場合には四十九日のタイミングで、香典を頂いた人にするお返しです。
香典返しの金額は基本的には半額程度のものを選びます。
品物には掛紙を付け、弔事用の結び切りの水引を付けるのがポイントです。
表書きには志を使うことが多くあります。
品物とともに挨拶状をつけ、この時の文字には薄墨を使用します。
品は後に残らないものを選ぶのがマナーです。

香典返しとはどんなシーンでお返しするもの?

日本では古くから、葬儀に参列された方には喪主から香典返しというものを贈られます。
その歴史は平安時代にまで遡り、当時は貴族の間で行われていました。
葬儀では必ず香典を持参しますが、当時は現在のような現金ではなく文字通りお香を備えるのが基本でした。
香木は非常に高級なアイテムであったため、お返しには菓子や絹などが相場と考えられていたものです。
現在の香典返しとは、タオル・茶葉など色んなアイテムが採用されており、なかにはカタログギフトを使用する場合もあります。
そして香典の文化も様変わりしており、葬儀によっては香典を断られるケースもあるほどです。
その場合でも参列された方へのお礼というスタイルでお返しが送られています。
相場としては1000円から5000円以下となり、食べ物ではなく日用雑貨が好まれるようになっています。

香典返しに贈るタイミングってあるの?

もし身内に不幸があった場合本人の親戚や近所の方等に香典を送ります。
まず香典とは何かというと「大切な家族を亡くした悲しみを持つ遺族を励ます」という気持ちで送られるものです。
そしてそのような気持ちに答え無事に法要を済ました事を報告する時に贈るものが香典返しと言われます。
そこで問題になってくるのは「香典返しをいつするのか」というもの。
実際身内に不幸が起こるなんて機会は限りなく少なく、どんな時期に贈ればいいのか分からなくなってしまう人が殆どだと思います。
そこで、いつ香典返しを贈ればよいのかというと、四十九日を過ぎた「忌が明けた後」が良いとされています。
ぴったり四十九日後でなくてもよく、そこから1ヶ月以内に贈るのが妥当な判断とされていて、そこまで焦る必要はありません。
本来は遺族が直接挨拶に回り一つ一つ手渡しするのがマナーですが、現代のは親戚と家が遠いなどの理由で挨拶状を添えて郵便を使うという機会も増えました。
ここで注意しなければならないのが、実際に葬儀や通夜に参列して下さった人への会葬礼状は香典返しに添える忌明けの挨拶状とは別のものだということです。
もし遅れてしまっても挨拶状の他にご挨拶が遅れたお詫びも添えて送ることがマナーです。
ご近所の方等にはできる限りしっかりと手渡しをするようにしましょう。

香典返しで贈るべき金額と相場とは

香典返しは香典を渡してくれた葬儀の参列者に渡すお返しであり、忙しい中で葬儀に参加してくれた人たちへの感謝の気持ちを伝えるものでもあります。
無事に弔事を終えられたことを伝える役割もあるとされており、心を込めて品物を選ぶのがおすすめです。
香典返しではいただいた香典の3分の1から2分の1程度の金額を渡すのが良いとされており、半返しと呼ばれています。
もらった金額に対して気を遣わせないくらいの範囲で、相手に喜んでもらえる品物を考える必要があります。
その地域によって相場がある程度決まっている場合もあるので、悩んだら周りの人に相談してみるのも良いかもしれません。
香典返しでは悲しみを残さず不幸を繰り返さないようにという願いを込めて、消えものを選ぶ風習があります。
お菓子やお茶といった食料品関係や、タオル・洗剤といった消耗品が人気です。
カタログギフトも相手に好きなものを選んでもらえるので、喜んでもらいやすい品物かもしれません。

香典返しによく選ばれている商品って?

香典返しはいただいた香典への返礼品として参列者の人に渡すものであり、感謝の気持ちを込めて品物を選ぶ人がほとんどです。
相手のことを考えながら心を込めて商品を選びたいと考える一方で、その時期は葬儀や法要などで忙しくてあまり選ぶ時間が取れないというケースも多いかもしれません。
香典返しによく選ばれている商品としては、食品や消耗品のような消えものが挙げられます。
これは悲しいことや不幸なことを繰り返さないようにという願いが込められており、お菓子や飲み物のような食品関連やタオル・洗剤といった消耗品などがよく選ばれているでしょう。
しかし食品といっても生肉や生魚や殺生を連想させるため避けるべきだとされています。
さらにお祝いの席で用いられることの多いお酒などもあまり利用されることはありません。
どのようなものを選んだらよいか悩んでしまうという人たちから人気を集めているのが、相手に好きなものを選んでもらえるカタログギフトです。

筆者:横井英二

筆者プロフィール

東京都北区生まれ。
香典返しには消えものとして定番の洗剤を送りました。
香典返し